ぼくと某そば店の闘い

 


こんばんは ことぶきです。

 

 

 

 

今日は「ぼくと某そば店との抗争」についてです。

 

 

今回の記事は前置きが長くなりますが許してください。

 

 

ぼくはバイトをやっていない系男子、つまるところニートに近い大学生なのですが、当然1か月もの両親からの仕送りで生活しなければならないわけで、決して裕福な生活ができるわけではありせん。

 

 ↓だいたい月の初めのほうにこんな感じの遊びを週2~3ペースで行うので一瞬で金が消える 

f:id:Ktbk:20171110233135p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月頭の豪遊分を取り戻すための月末のやりくりはいったいどうすれば・・・

 

 

 

 

 

 

 

この謎を解決せんと我々、月末銀行口座残高1000円探偵団は立ち上がった・・・

 

 

 

 

 

 

答えは・・・一体僕たちが探し求めていた答えはどこにあるんだろう・・・(JPOPにありがちな歌詞)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A.一食を安く済ませる

 

 

 

 

 

 

 

 

答え簡単に見つかってワロタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってことで2か月ぐらい前から安くて早くて美味しい某そば店

f:id:Ktbk:20171110233700j:plain

 

 

 

箱〇そば さんに通っているのだが、

 

 

 

 

なんとこの 〇根そばさんは そば屋さんなのにもかかわらず、ぼくの大好きなカレーうどんの提供もしているのだ!!!!!!! 

 

 

 

 

 ↓ カレーうどんを知らない人のためのイメージ画像

 

f:id:Ktbk:20171110233918j:plain

 

 

 

ぼくのカラダの8割はカレーうどんによってできているといても過言ではない(過言)

 

 

 

とにかくカレーうどんが好きなのでカレーうどんという文字列を見かけた瞬間即断即決即注文の精神で注文をした。

 

 

 

 

 

おじいちゃんが麺を茹でてて、まさにそば屋さんって雰囲気だ。。。。胸の高まりが抑えきれない。。。。。

 

 

 

 

席に座って1分ぐらいでカレーうどんできましたの声が店内に響いたのでカレーうどんの引き取りへ・・・

 

 

 

 

 

 

オラ、ワクワクすっぞ(悟空

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いざ実食・・・・ッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ん。。。。。麺ゆるくね????????」

 

 

 

 

 

 

これが ぼくと箱根そばカレーうどんとの邂逅であった。。。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多少麺がゆるくても美味しく食べれたのでよかった。が、「次回は麺をゆでる前に麺硬めと注文しよう」と心に決めて店内を去っていった。

 

 

 

 

 

 

その二日後ぐらいにまたチャレンジした

 

 

 

 

 

 

 

 

前回と同様に、いまにも倒れそうなおじいちゃんが麺を茹でてた。

 

 

 

 

 

イヤな予感は多少したが、それでも前回の反省を生かして麺硬めでとの注文に成功した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品完成のコール。受け取り口にまで歩を進める。カレーうどんを受け取る。席に座る。割り箸を割る。いいぞ。ここまでは自分のペースだ。。。カレーうどんを口に運ぶ前にカレーうどんの香りを楽しむ。大人にしかできない高等技術。(体言止め) 

 

 

 

 

さぁ俺を楽しませてくれよ・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再び実食・・・・ッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いやまた緩いやんけ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これをずっと繰り返してます。助けてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり。