人体における天然資源の活用について

こんばんは ことぶきです

 

 

今GW中で地元に帰省しています

  

久々の自宅という空間は本当に落ち着きますね

 

 みなさんも体験したことがあるかもしれませんが

 

 

 

リラックスしすぎると放屁が止まらなくなります

 

 

 

 

 

 

しかも音とか聞くと笑いが止まらなくなる。ちょっとした笑いの殺人ガスである。神様はなんて残酷なものを我々にお与えになったのだろうか・・・・・・  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、3分ぐらい前に自分の放屁の匂いを嗅いで昨今の環境問題解決を穿ちうるアイディアが湧いてきたのでブログに記念としてまとめておこうと思います

 

 

 

 

 

前述したように先ほどぼくは普段通りにオナラをしたのです

 

 

 

 

 

 

ぼく「ヨッシャアア!!出たァ!!!(オナラをする際の雄叫び)」

 

 

 

 

 

するとある異変に気が付きました

 

 

 

 

 

 

 

 

オナラが硫黄の匂いなのです。  温泉です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでとあるアイディアがぼくの脳裏に・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼく「もしかしてこのオナラに着火することができたら世界中の石油を消費することなく炎エネルギーを生み出せるのでは・・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくがブッとしてチャッカマン持ってる人がボッってやれば火がつくと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

その火を利用して火力発電なり火が欲しいアフリカの子供たちにあげればいいと思います。

 

 

 

 

 

 

しかもなんとお得なことに、お風呂場でオナラをすると山の中の秘湯の気分に浸ることができます。

 

 

 

 

 

とんでもない事に気づいてしまったかもしれない。。。。。

 

 

 

 

 

 

世界がひっくり返る ひとつなぎの大秘宝ワンピースとはこのことだったのだ。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり