【WCS2019】重力催眠ルナアーラグラードン

f:id:Ktbk:20190604010656j:plain

 

 

このptの記事を書こうと思った理由は、お気に入りの構築であるということと、WCSも終わり1つの区切りとして丁度いい機会だと思ったからです。

 

一緒にptの選出・立ち回りを考察してくれたみんてぃあさん(@ mintia0810)・死神くん(@nomekop_umirug)の両名に感謝します。本当にありがとうございました。mintia0810

 

成績

オノ(@momouniverse)が      最終レート1826 24位 PJCS2019出場権利獲得

みんてぃあさん(@mintia0810)が 最終レート1821 32位 同上

死神くんが(@nomekop_umirug)   最高レート1803

 

 

【パーティの構築経緯・変遷】

 

4月冒頭、PJCSの予選のptを考えていたのですが、自分が予選に持っていくptの条件として

①参加賞の色違いのカプ・レヒレを求めて参加する人数が増えるので参加賞目的の人に負けない構築→自分の行動を押し付けるptであること

②2ロム分(45×2)の90戦を消化することも考慮してプレイングの難易度が高くない・複雑でないptであること

環境メタの要素も含んでいるptであること

の3点があり、環境に存在する様々なptを触っていきました。

 

4月当初

(Ⅰ) f:id:Ktbk:20190604014402p:plainf:id:Ktbk:20190427065721p:plainf:id:Ktbk:20190604014412p:plainf:id:Ktbk:20190604005921p:plain

初期はメガゲンガーカプ・テテフで「重力催眠」のコンボを決めるptを考察するものの、

重力催眠のコンボを成立させた後に重力を選択した拘りスカーフ持ちのカプ・テテフが交代せざるを得ない状況が発生する

重力催眠のコンボを決めた後の動きのS操作もゲンガーの凍える風かトリックルームしかなく、眠らせた後の動きがあまり強くない

という点で触感としてはあまりいいものではありませんでした。

しかし

やはりサンシリーズの自身の経験からも「重力+催眠術+断崖の剣」のコンボがウルトラシリーズでも強力であるということは確信していました。

ktbk.hatenadiary.com

 

4月頭‐中旬

このままだとPJCS予選に完成度の低いptを持ち込んでしまうと焦っていた時にサークルの友人である死神くんから強い並びがあるとのことで並びを教えてもらいました。

 

死神くんから並びを教えてもらった当初のptの並びとしては

(Ⅱ) f:id:Ktbk:20190604013040p:plainf:id:Ktbk:20190427065721p:plainf:id:Ktbk:20190604005921p:plainf:id:Ktbk:20180613020516p:plainf:id:Ktbk:20190604013352p:plainf:id:Ktbk:20190604005821p:plain

これまたいわゆる「重力催眠」のコンボをコンセプトにしたptでした。

この時点でptの完成度はかなり高く、追い風後にボーマンダグラードンの並びでハイパーボイス+断崖の剣を連打して勝ちの盤面を作りやすく、重力催眠の要素を除いたとしても相当なパワーがあると感じ、ptに採用されているポケモン一体ずつの役割などを再検討しながらこれを練っていくことに決めました。

(Ⅰ) のptと異なる点・より良い点としては

S操作・催眠術役が高火力専用Z技を持つルナアーラ

重力役が気合の襷を持ったカプ・テテフなので拘りスカーフ持ちと違って重力を選択した後でも交代せずに攻撃に参加できる

ウツロイドがスタンダードな構築に対してめっぽう強い

(Ⅰ) と同様に「重力+催眠+断崖の剣」コンボが決まった際のptパワーはかなり高いと感じました。さらにS操技が追い風なのでこちらのゲンシグラードンが相手の上を取って断崖の剣を打つ機会がより増えました。

 

これらを踏まえてこのptの課題として捉えた点が

ヤミラミが採用されていることによって「重力+催眠術」のコンボが対戦相手に考慮されやすくなってしまう

ルナアーラカプ・テテフの並びで「重力+催眠術」のコンボを行う為にルナアーラのSを最速カプ・テテフより遅くしているのでルナアーラのミラーにおいて不利を取ってしまう

  以上の2点が大きな問題として挙げられました。

 特に前者の1つ目に関しては、ptの太い勝ち筋である重力+催眠術のコンボに関わる事なので、ヤミラミの1枠を再考することに決めました。

 

4月中旬‐

そもそもヤミヤミは基本選出の4体f:id:Ktbk:20190604013040p:plainf:id:Ktbk:20190427065721p:plainf:id:Ktbk:20190604005921p:plainf:id:Ktbk:20180613020516p:plainでは勝てないルナアーラドーブルの並びに対抗するためのポケモンでした。

 

相手のf:id:Ktbk:20190604013040p:plainf:id:Ktbk:20190604024100p:plainに対して

こちらはf:id:Ktbk:20190604013040p:plainf:id:Ktbk:20190604005821p:plainから入り

初ターン「守る+挑発ドーブル方向」

次ターン「ルナアーラZ+先送り相手のルナアーラ方向」

でこちらのルナアーラが強引に相手のルナアーラを突破するプランでした。

 

これに近い仕事が出来るポケモンとして

アローラペルシアンf:id:Ktbk:20190604025042p:plainメガガルーラf:id:Ktbk:20180613015158p:plainが候補にあがりました。

アローラペルシアンイカサマ・バークアウト・Z捨て台詞・先送りは非常に魅力的だったのですが、ルナアーラと同居しがちなゼルネアスに対して不利を取ることなどがひっかかり不採用となりました。

 

代わりに採用されたポケモンメガガルーラf:id:Ktbk:20180613015158p:plainで、

ドーブルが襷を所持していても親子愛で貫通できる

ルナアーラに肝っ玉猫だましを打つ選択肢がある

噛み付くの50%怯みでゲームの流れを無理やり引き寄せれる可能性がある

ペルシアンほどゼルネアスに不利を取らない

どの理由から選択しました。

 

(Ⅲ) f:id:Ktbk:20190604013040p:plainf:id:Ktbk:20190427065721p:plainf:id:Ktbk:20190604005921p:plainf:id:Ktbk:20180613020516p:plainf:id:Ktbk:20190604013352p:plainf:id:Ktbk:20180613015158p:plain 完成

 

問題点の1つ目で

ヤミラミが採用されていることによって「重力+催眠術」のコンボが対戦相手に考慮されやすくなってしまう

ということに関しては、ガルーラf:id:Ktbk:20180613015158p:plainを採用してルナアーラドーブルf:id:Ktbk:20190604013040p:plainf:id:Ktbk:20190604024100p:plainの並びを崩しにかかるというプランを取ることによってスムーズにptからヤミラミf:id:Ktbk:20190604005821p:plainが抜け、ある程度は解決できました。

 

問題点の2つ目として挙げていた

ルナアーラカプ・テテフの並びで「重力+催眠術」のコンボを行う為にルナアーラのSを最速カプ・テテフ-1まで下げているのでルナアーラのミラーにおいて不利を取ってしまう

については、上記の流れで採用したメガガルーラf:id:Ktbk:20180613015158p:plainと「サイドチェンジを覚えたカプ・テテフf:id:Ktbk:20190427065721p:plain」で初見殺しを狙うことによって無理やりの解決を試みました。

 

 

 

 【個別解説】

 

f:id:Ktbk:20190604013040p:plainルナアーラルナアーラZ

臆病 221-×-124-171-128-158

シャドーレイ/催眠術/追い風/吠える

 

ptコンセプトのポケモンです。ある程度の素早さ・火力・耐久の全てを兼ね備えている上に追い風・トリックルームのS操作技も覚える器用すぎるポケモンファントムガードの耐久を盾にしながら催眠術で相手を止めたり追い風を張ったり役割が多いです。

 B

・A255メガレックウザのこだわりハチマキかみくだく確定耐え

・A142ミミッキュのゴーストZ確定耐え

C

・H175-D111ゲンシグラードンムーンライトブラスターで高乱数1発(93.7%)

・H164-D119霊獣ランドロスムーンライトブラスターで高乱数1発(93.7%)

D

・C222カイオーガの無天候しおふき+メガレックウザのA255ガリョウテンセイを約76%で耐え

S

 ・最速91族(霊獣ランドロス)抜き

 ‐ルナアーラZ 後述するウツロイドもZを所持しているので、同時選出している場合は、どちらのZ技を切るかしっかりと考える必要があります。専用Z技兼ゴーストタイプなので高火力を出しつつ一貫性を取りやすい点も強力です。ルナアーラのミラーが発生したときは後述のカプ・テテフと併せて相手のルナアーラの処理に向かいます。

 - シャドーレイ ルナアーラZの元になる技です。特性貫通の威力100がシンプルに強い。マルチスケイルは貫通しますがルナアーラのファントムガードは貫通しないので気を付けましょう。

- 催眠術 「重力+催眠術」のコンボが強力です。実質守るみたいな使い方もでき、ルナアーラと隣のポケモンの集中で相手のポケモンを倒せなさそうなときに1ターン止めてダメージ稼げるのが強いです。相手を眠らせている隙にグラードンを着地させるときは最速起きされないように祈りますやんちゃして素催眠も打ったりもしました。

- 追い風 後ろのポケモンへの繋ぎの技。相手にも追い風できそうなポケモンがいるときには催眠術で眠らせて処理してから追い風を選択するが理想的な展開です。

- 吠える 相手のゼルネアスに吠えたり、ルナアーラの追い風に対して出てきてトリックルームによる切り返しの展開を狙ってそうなポケモンに対しても吠えたりしました。追い風中のトリックルームの切り返しを許さない点が優秀です。 

ルナアーラの上の技3つを見た時点で対戦相手はルナアーラの残りの技スペースを「サイコショック」か「守る」のどちらかを考慮するので「吠える」がほとんど読まれない点

②PJCSの予選で最も数が多いであろうと予想されるレックゼルネ等の相手のゼルネアスに対して後述のウツロイドと併せてより初見狩り的な立ち回りができる点   

の以上2点から「吠える」を採用しました

ルナアーラの性質上、集中攻撃も飛んできやすく、守るも採用したいと感じる場面も少なくはなかったのですが、今回のptに関しては柔軟に動く為の守るよりも、ルナアーラと対面してジオコントロールを選択しがちなゼルネアスを安全に流せる吠えるの方が勝利につながる対戦は多いと感じました。

 

f:id:Ktbk:20190604005921p:plainグラードン@紅色の玉

意地っ張り 175-255-180-×-111-142
断崖の剣/炎のパンチ/身代わり/守る

このptのエース的立ち位置のポケモンです。「重力+追い風」のお膳立てができている状態で着地すると止まらなくなります。配分については、攻撃的な配分のグラードンで耐えたい相手の技も見つからず、追い風下で1体でも多く相手のポケモンを倒してくれそうなASに振り切った形としました。

‐紅色の玉 グラードンミラーで有利という点、対戦の早い段階からゲンシグラードンが盤面に登場する事が多いptなので最終的にカイオーガレックウザに対して天候が取り切れないという点から鉢巻グラードンでの採用も考えてた時期もありましたが、数的有利を取った後ゲンシグラードンの終盤のカイオーガに対する詰め性能の高さと技の打ち分け(追い風中に身代わりが選択できる)ができるという点が捨てきれずゲンシグラードンでの採用です。PJCS本戦では鉢巻グラードン型の重力催眠ルナアーラグラードンが結果を残していたようです。

- 断崖の剣 重力がある時はボーマンダでさえ受け出しが効かないので、スタンダードなptに採用されている大概のポケモンは重力断崖を2回耐えることすら難しい技です。

- 炎のパンチ 晴れ下で威力の高い命中安定技になります。ゼルネアスに対して詰めの時によく使います。

- 身代わり  テクりポイントその1。追い風最終ターンなどの場面で相手の両守るが見えたときに選択します。身代わりを置くことによって相手の裏のガオガエンボーマンダの威嚇がシャットアウトできるのも強いです。また、相手のカプ・レヒレの凍える風に合わせて身代りを選択すると身代わりが残るので断崖の剣を打つチャンスを多く作れて有利な展開にしやすいです。最近のカプ・レヒレは熱湯持ちであることが多いので油断はできませんがそれでも強力な技です。

‐ 守る 終盤にグラードンボーマンダが並んだ際にグラードンが守りながらボーマンダで追い風を選択する行動をしたい時があるので守るを採用しました。

 

f:id:Ktbk:20190427065721p:plainカプ・テテフ@気合の襷

臆病 145-×-96-182-135-161

ムーンフォース/サイコショック/重力/サイドチェンジ

 ptコンセプトのポケモンルナアーラと一緒に先発で出すことがほとんどです。特性のサイコフィールドでレックウザの神速を止めれるため、オーガレックに対しては後発で選出したりもします。気合の襷を持たせているため集中で倒されてしまわない限りはほぼ確実に重力を選択でき、重力をしない場合でも単純な殴り合いにはかなり強いポケモンです。

‐気合の襷 単体性能がかなり上がります。サイコシードなども試したりもしましたが本来の重力の遂行はもちろん、レックウザボーマンダに勝てるようになるため気合の襷の一択だと感じました。

‐ ムーンフォース レックウザボーマンダへの打点であることは言うまでもないのですが、グラードンに威嚇が入ってしまうとのダブルダメージ断崖の剣でガオガエンが倒せなくなってしまうためガオガエンに対する削りとしてもかなり優秀です。

-サイコショック 相手のジオコントロールゼルネアスに対して大きく削りを入れられるのが魅力的です。この技スペースについては再考の余地があります。

- 重力 ptコンセプトになっている技。ルナアーラグラードンの両伝説と相性がいいです。重力で自分のボーマンダが地面に接地することによって相手のレックウザの神速をシャットアウトできるのでお得です。

- サイドチェンジ 初見殺しです。こちらのルナアーラが最速でない関係上ルナアーラミラーに自信がないのでサイドチェンジ+シャドーレイZで無理矢理誤魔化します。相手のガルーラに対してもカプ・テテフ方向に飛んできている捨て身タックルをルナアーラで避けたり、ルナアーラに飛んできている噛み付く・噛み砕くに対してもカプ・テテフで受けれてルナアーラが残したりもでき、使い所も多く非常に強い技です。

 

f:id:Ktbk:20180613020516p:plainボーマンダ@ボーマンダナイト

無邪気 171-179-160-153-99-184

ハイパーボイス/捨て身タックル/追い風/守る

pt4枠目兼メガ枠についてはグラードンと相性が良く2回目の追い風を選択したりハイパーボイスによるスイーパー的な役割も任せられるボーマンダを採用しましたこのポケモンレックウザの処理を頼っているところがあるので対オーガレックでは丁寧に扱いたいポケモンです。ボーマンダミラーにおいては決して強い型であるとは言えない型なので、相手のグラゼルネのボーマンダの流星群でこちらのボーマンダが倒されてしまうことによって厳しい立ち回りを強いられることが多々ありました。

・H181-B120メガレックウザ Bランク−1をすてみタックルで確定1発

B

・非メガ時A232のメガレックウザガリョウテンセイを確定耐え

・非メガ時A255メガレックウザの-1ガリョウテンセイ+メガ時-1しんそくを耐え

S

・最速115族抜き

ハイパーボイス グラードンと並んでいるときにハイパーボイスで相手のポケモンを2体倒しながらグラードンで身代わりを残すのがオシャレで強いです。

‐捨て身タックル  カイオーガや画竜点睛を使ったレックウザやゼルネアスに対して使います。

- 追い風 2度目の追い風が強いです。追い風する必要があるかどうかちゃんと見極める必要があります。

- 守る 体感としては守れた方が嬉しい場面が多いように感じました。もし守るを採用しないなら水びたしヌケニンに負けなくなる毒々も面白いと思います。 

 

【PJCS時】

守るではなく、グラードンの障壁になりがちな相手のレックウザボーマンダを楽に対処できる流星群を採用していました。

PJCS当日は一度も流星群を選択することもなく守るが欲しいと感じる場面が多々ありました。

 

f:id:Ktbk:20190604013352p:plainウツロイド@イワZ

臆病 185-×-67-179-151-170

パワージェム/ヘドロ爆弾/身代わり/守る

4枠が決まった時点でイベルタルの処理が厳しいので強く出れるポケモンが必要という点と重力催眠を防ぐカプ・レヒレ入りに対して強く出れるという点から採用しました。ムーン環境の頃から長い期間環境に刺さり続け、PJCS当時の環境に存在していたレックゼルネなどのスタンダードなptにも刺さっていたポケモンです。岩と毒の範囲が優秀でカプ・レヒレガオガエンとゼルネアスを中心にしたスタンパにかなり強く出れます。ジオコントロールを吠えて流して再度後発から出てくるゼルネアスに対しての詰め筋にもなるのでボーマンダと同様に丁寧に扱いたいポケモンの一体です。持ち物がイワZである理由はグラードンに威嚇を入れるガオガエンをワンパンする事を目指してるのと採用理由の通り、ルナアーラグラードンでは処理が難しいイベルタル入りに選出するためです。

- パワージェム ガオガエンボーマンダに対して選択するイワZの元技です。ゲンシグラードンに炎タイプ追加されたので岩タイプが等倍のゲンシグラードンにもかなりイワZのダメージが入ります。

- ヘドロ爆弾 妖精さん狩りの技です。ガオガエンにイワZを当てて倒してBBが発動するとゼルネアスもワンパンできるようになります。

- 身代わり ウツロイドの身代わりもゲンシグラードンと同じく強力で、相手がカプ・レヒレの隣のポケモンを守らせながら凍える風を選択して縛り関係を逆転させることを狙ってそうなターンに合わせて身代りを選択することで凍える風のSダウンを避けながら次のターンも縛り関係を維持できる盤面が作れます。

- 守る 倒れやすいポケモンであるということと追い風+守るの動きがしたかったので守るを採用しました。身代わりが残っている状態で押す守るも強いです。

 

【PJCS時】

PJCSではウツロイドの持ち物はイワZではなく、ドクZを採用しました。

理由としては

①海外環境の影響でウツロイドのイワZがメジャーになりつつあったので読まれにくいと考えた

PJCSのインターネット予選終了後から水タイプの技(ねっとう・ハイドロポンプの水Z)を所持しているカプ・レヒレが体感として増えてきたのでグラードンと対面する前になるべく迅速にカプ・レヒレを処理したい

2つで、

PJCS当日ではメタ対象であったレックゼルネとマッチングすることがなかったので選出回数は0回です。ドクZへの変更が正しかったのかどうかは未だにわかりません。

 

f:id:Ktbk:20180613015158p:plainガルーラ@ガルーラナイト

 陽気 181-177-120-×-120-167

 捨て身タックル/噛み付く/猫だまし/身代わり

pt的にはヤミラミの代わりに最後に採用されたポケモン。仮想敵と全くマッチングせず、選出した試合は6匹ミラーとシングル勢のゲッコウガを猫だましで止めるときだけに選出しました。

- 捨て身タックル ドーブルやゼルネアスの上から捨て身タックルを叩き入れる予定でした。

- 噛み付く 50%で不利なところもバグらせて勝つ予定でした。

- 猫だまし 猫追い風からスタートして捨て身アグロする予定でした。

- 身代わり ドーブル入りに対して身代わりが強い予定でした

 

【PJCS時】

f:id:Ktbk:20190604024100p:plainドーブル@拘りスカーフ 特性:ムラっ気

この指とまれ/キノコの胞子/道ずれ/ワイドガード

ガルーラが選出回数も恵まれずいまいちハマっている感覚がなかったので変更。

ルナアーラミラーに強く出れると考えてドーブルを採用しました。

「ハロウィン」で相手のポケモンにゴーストタイプを付与させてルナアーラシャドーレイで全部倒すみたいなことも考えてました。

死神くんに個体の準備してもらいました。ドーブル決勝トーナメント連れていけなくてごめんね。 

本戦では2回選出して選出した対戦はどちらも活躍してくれました。

 

 

 【選出】 

カプ・レヒレが採用されているスタンダードなptの場合(f:id:Ktbk:20180613020826p:plainf:id:Ktbk:20180613021235p:plainf:id:Ktbk:20190427065701p:plain f:id:Ktbk:20190604005921p:plainorf:id:Ktbk:20190606020133p:plain)

f:id:Ktbk:20190604013040p:plainf:id:Ktbk:20190604013352p:plainf:id:Ktbk:20190604005921p:plainf:id:Ktbk:20180613020516p:plain

 

ルナアーラウツロイドの対応力が非常に高いので基本的には相手の先発を見て動きを決めます。

例)f:id:Ktbk:20180613020826p:plainf:id:Ktbk:20180613021235p:plainで凍える風からスタートしてきそうな時には

f:id:Ktbk:20190604013040p:plain追い風f:id:Ktbk:20190604013352p:plainf:id:Ktbk:20190604005921p:plain交代 で追い風下でグラードンがほぼ無償で着地できるといった行動が取れます

前述のとおりウツロイドがスタンダードなptに対して強く出れるので大切に扱うことを心がけます。

 

カプ・レヒレが採用されていないptの場合(f:id:Ktbk:20190611032333p:plainf:id:Ktbk:20190606020133p:plainf:id:Ktbk:20180613020826p:plainf:id:Ktbk:20190611021018p:plain)

f:id:Ktbk:20190604013040p:plainf:id:Ktbk:20190427065721p:plainf:id:Ktbk:20190604005921p:plainf:id:Ktbk:20180613020516p:plain

基本的には眠らせれれば無理やり有利が取れるはずなので追い風・重力の状況下でのグラードンの着地を目指します。

例)

T1:f:id:Ktbk:20190604013040p:plain追い風f:id:Ktbk:20190427065721p:plain攻撃 

T2:f:id:Ktbk:20190604013040p:plain催眠術f:id:Ktbk:20190427065721p:plain重力(相手の攻撃で倒される)

T3:f:id:Ktbk:20190604013040p:plainf:id:Ktbk:20190604005921p:plain

が理想的な展開です。

 

 

雑感

コンセプト通りインターネット大会向きのptを組めたと思います。たくさんの思い出が詰まってるptの記事を書けて良かったです。それでも幕張のライブ大会で世界大会の権利を獲得できなかったのが心残りです。自分の思ってた数倍はおわり会場大会が楽しかったのでまた来年も参加できるように頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

ありがとうグラードン2019

 PJCSの本戦に持っていこうとしてまとまらなかったpt達を紹介します。

 

 

 

f:id:Ktbk:20190611022823p:plainf:id:Ktbk:20190604005921p:plainf:id:Ktbk:20180613020516p:plainf:id:Ktbk:20190611021018p:plainf:id:Ktbk:20180613021235p:plainf:id:Ktbk:20190604024100p:plain

・「剣の舞+ロックカット」を覚えたグラードンを使いたかった

 

 せぱるさんの記事を参考にして組みました。

相違点としては、

・相手の月蝕ネクロズマルナアーラに対面しても安定してトリックルームの展開をしたかった為ズルズキンではなくドーブルを採用している点

グラードンツンデツンデが並んだ時の爆発力を高めるために命の珠A上昇ツンデにした点

 

ただ、トリックルームを絡めるエース型のグラードンは、サイクル中に一度ダメージを貰ってしまうだけで上記のブログのptに採用されているような遅いカプ・レヒレから熱湯を打たれて簡単に倒されてしまう点が難点でした。


 

 

f:id:Ktbk:20190604005921p:plainf:id:Ktbk:20190611015658p:plainf:id:Ktbk:20190611015604p:plainf:id:Ktbk:20190611021018p:plainf:id:Ktbk:20180613020516p:plainf:id:Ktbk:20190427065721p:plain

 ・ゴーストZ道ずれゲンガーでトリックルームのサポート

・読まれないトリックルーム後にグラードンと珠ツンデが並ぶと鬼

 

 読まれにくいトリックルームからグラードンツンデツンデが暴れ散らかす展開が①のptから強いと感じた為、トリックルームのptを試行錯誤し始めました。

ボーマンダカプ・テテフは対戦相手にトリルを考慮させないために採用してただけでほとんど出さなかったし、カプ・レヒレの選出をけん制できるようなもっといいポケモンがいたはずと反省してます。実質4体で戦ってました。

基本選出のf:id:Ktbk:20190611015604p:plainf:id:Ktbk:20190611015658p:plainf:id:Ktbk:20190604005921p:plainf:id:Ktbk:20190611021018p:plainに地面の一貫がある為、相手にグラードンを温存させたままトリックルームを凌がれると厳しい。

①のptと同様に遅いカプ・レヒレから厳しい立ち回りを強いられるため解散。

地面の一貫があることが課題であったのにも関わらず、何故か月蝕ネクロズマを試さなかったので今後は月蝕ネクロズマで使うかもしれないです。

 


f:id:Ktbk:20190611015658p:plainf:id:Ktbk:20190606020133p:plainf:id:Ktbk:20180613020826p:plainf:id:Ktbk:20190611015604p:plainf:id:Ktbk:20180613021235p:plainf:id:Ktbk:20180613020759p:plainorf:id:Ktbk:20190611020015p:plain

・弱点保険大地の力日蝕ネクロズマ+地ならしガオガエン

・遅い妖精Zカプ・レヒレレックウザ

・ゴーストZ道ずれゲンガー+トリックルームor気合の襷ゲンガーでトリックルーム

・鋼+レックウザ

 

ptの中に強い要素たくさんあったけど相手のカイオーガの処理に手こずるのと上手く着地させられたグラードンが厳しくて諦めました。

カ・エール君が達人の帯トリトドンを採用していると知ったとき、そもそもトリトドンが採用候補にすら上がってこかった自分の考察力の足りなさを痛感しました。

 

 

f:id:Ktbk:20190604005921p:plainf:id:Ktbk:20190606020133p:plainf:id:Ktbk:20190611015604p:plainf:id:Ktbk:20190611021018p:plainf:id:Ktbk:20180613021235p:plainf:id:Ktbk:20180613020826p:plain

・襷ゲンガーのトリル一本

・グラレックの苦手なボーマンダを狩れる妖精Zカプ・ヒレが噛み合わせ良好

グラードンツンデツンデが倒しきれなかったポケモンレックウザで処理しきるのが強力

 

相変わらずカプ・レヒレがキツかった。


 

f:id:Ktbk:20190611032333p:plainf:id:Ktbk:20190606020133p:plainf:id:Ktbk:20190611015604p:plainf:id:Ktbk:20190611021018p:plainf:id:Ktbk:20180613020826p:plainf:id:Ktbk:20180613021235p:plain

・ゲンガーの襷トリルからの展開をグラードンではなくカイオーガ

カイオーガツンデツンデグラードンと同様に強かった

 

パワーは感じたものの、自分が今までカイオーガレックウザの並びを食わず嫌いでほとんど触ってこなかったこととトリックルームが切れた後の展開が難しかったことに不安を感じて本戦には持っていきませんでした。後者は追い風レックウザで解決できたし全てが浅かったです。

 

 

 




結局どのptも煮詰め切れずに重力催眠をPJCS本戦に持っていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 カプ・レヒレほんまにシバく

 

 

 

 

 

 

おわり

【サンシリーズ】【ムーンシリーズ】パーティーまとめ

 

【サンシリーズ】

 

f:id:Ktbk:20190427065701p:plainf:id:Ktbk:20190427065649p:plainf:id:Ktbk:20180613020826p:plainf:id:Ktbk:20190427065751p:plainf:id:Ktbk:20180613024748p:plainf:id:Ktbk:20190427065943p:plain

いまでもお気に入りのギミック「めざ水重力ドータクン+弱点保険ロックカットグラードン」のpt。めざめるパワー水を弱点保険グラードンに当ててAを上昇させます。トリックルーム最終ターンに両守るを選択して次のターンからグラードンを縛ろうとする相手に対して、此方はロックカットを選択して制圧力を保ち続けます。防塵ゴーグルガオガエンに好感触を得るもののトリックルームから動き始めるというptの性質もあり相手のモロバレルの処理が遅れてしまうので解散。 今もう一度改めて考えるとツンデツンデを試さなかったのも失敗だったかもしれません。みんてぃあさん(@mintia0810)と一緒に考えてました。

 

f:id:Ktbk:20190427071830p:plainf:id:Ktbk:20190427065649p:plainf:id:Ktbk:20180613020826p:plainf:id:Ktbk:20180613024748p:plainf:id:Ktbk:20180613020759p:plainf:id:Ktbk:20190427065943p:plain

①のptで重力+グラードンがマイブームになっていたので、カイオーガに弱くないトリックルーム持ちのパルキアが強い気がしてなんとなくで組んで使っていました。もっと強いパルキアグラードン組めたし中途半端な考察をした自分の実力不足を痛感。

 

f:id:Ktbk:20190427065649p:plainf:id:Ktbk:20190427065701p:plainf:id:Ktbk:20180613020826p:plainf:id:Ktbk:20180613024748p:plainf:id:Ktbk:20180613020759p:plainf:id:Ktbk:20190427065943p:plain

②のパルキアがゼルネアスになったpt。サンシリーズを通してグラゼルネガエンバレルの4匹でサイクル回してジオコントロールを積んだゼルネアスを通すのが単純で強いと考えていたのでそこから組みました。pt内容としてはアルカナじーんのグラゼルネの下位互換になってしまいました。

 

 

 

 

【ムーンシリーズ】

 

f:id:Ktbk:20190427065649p:plainf:id:Ktbk:20190427065701p:plainf:id:Ktbk:20190427065721p:plainf:id:Ktbk:20190427065807p:plainf:id:Ktbk:20180613020826p:plainf:id:Ktbk:20180613024748p:plain サークル部内戦1位

サンシリーズで結果を出した友人のptをほぼそのまま使ってました。ガエンバレルほとんど出さなかったけどパワー高くて強かったです。

 

f:id:Ktbk:20190427065701p:plainf:id:Ktbk:20190427073357p:plainf:id:Ktbk:20180613020826p:plainf:id:Ktbk:20180613024748p:plainf:id:Ktbk:20180613021235p:plainf:id:Ktbk:20180613015124p:plain サークル合宿大会2位

①のptに飽きてしまったのでみんてぃあさん(@mintia0810)が使ってて強そうなptをそのまま借りました。ゼルネアス+ガエンバレルのサイクルを回す組み合わせはサンシリーズからずっと使ってきてたのですんなり馴染めました。当時のムーンシリーズ環境にて流行の兆しを見せていたグラードン+ウルガモスの組み合わせに対して厳しい立ち回りを強いられるため解散。

 

f:id:Ktbk:20190427065649p:plainf:id:Ktbk:20190427065701p:plainf:id:Ktbk:20180613020826p:plainf:id:Ktbk:20180613024748p:plainf:id:Ktbk:20190427075346p:plainf:id:Ktbk:20190427065943p:plain なさにえるさんがINC Febで予選抜け

みんてぃあさん(@mintia0810) となさにえるさん(@Nathaniel_732)さんが考察してたptを借りました。サンシリーズのINCに参加していなかったのでムーンシリーズのINCは結構気合い入れたつもりだったものの1700乗るまでに負けすぎなのと乗ってからも連勝できずにボロボロ。自分のプレイングがダメでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 





 

 






 

 

 

 

 

【WCS2019】マンダコケコIFKソルガレオやーめた


f:id:Ktbk:20180908100733j:imagef:id:Ktbk:20180908100837j:imagef:id:Ktbk:20180908100935j:imagef:id:Ktbk:20180908101105j:imagef:id:Ktbk:20180908101224j:imagef:id:Ktbk:20180908101323j:image

 

 

 

無理すぎ

 

 


f:id:Ktbk:20180908101535j:image  f:id:Ktbk:20180908101542j:image

 

 

 

参考

:http://zeen34lan.hatenablog.com/entry/2016/04/11/225211

 

http://chandyholmes.hatenablog.com/entry/2018/05/10/214505

原案:@YTPPSR

 

 

 

みんてぃあさん@mintia0810と組みました

 

VGC2018

2018年のルールで使ったパーティー

  

 2017/12/9 DEXオフ                                                    

 f:id:Ktbk:20180613015158p:plainf:id:Ktbk:20180613015210p:plainf:id:Ktbk:20180613015138p:plainf:id:Ktbk:20180613015124p:plainf:id:Ktbk:20180613015223p:plainf:id:Ktbk:20180613015149p:plain  3-3 予選落ち

ガルーラが手助け カプ・コケコが身代わりでオシャレポイント高め

ワイドガードのバグがまだあった頃

前日にみんてぃあさんに相談して組んだ

 

2018/3/19 10大学交流会                                                            

 f:id:Ktbk:20180613020516p:plainf:id:Ktbk:20180613015210p:plainf:id:Ktbk:20180613020759p:plainf:id:Ktbk:20180613020940p:plainf:id:Ktbk:20180613020826p:plainf:id:Ktbk:20180613020847p:plain 決勝トナメ1落ち

当日に会場でアクアさんとみんてぃあさんにパーティー組んでもらった

見た目カッコいし種族値高いし強そう もっと雨に厚くすればよかった

 

2018/3/23~26 INC March                                                                  

 f:id:Ktbk:20180613020516p:plain f:id:Ktbk:20180613015210p:plainf:id:Ktbk:20180613021235p:plainf:id:Ktbk:20180613020826p:plainf:id:Ktbk:20180613020847p:plainf:id:Ktbk:20180613021250p:plain 最終日だけ潜って5-1

これもアクアさんからINC直前に貰ったパーティー 

自分にしては珍しく受け寄り 

水草で受けるのが強かった 相手のサンダーへの打点が乏しいのでややキツい

 

2018/4/22 DEXオフ                                                      

 f:id:Ktbk:20180613022122p:plainf:id:Ktbk:20180613022140p:plainf:id:Ktbk:20180613022158p:plainf:id:Ktbk:20180613020826p:plainf:id:Ktbk:20180613022331p:plainf:id:Ktbk:20180613022316p:plain 3-3 予選落ち

この辺からrei君と構築練り始める 

エレキシードトリトドン強かったものの地面の一貫性とギルガルドがしんどくて解散

 

2018/5/11~14 PJCS予選                                                                      

 f:id:Ktbk:20180613023221p:plainf:id:Ktbk:20180613022140p:plainf:id:Ktbk:20180613015124p:plainf:id:Ktbk:20180613020826p:plainf:id:Ktbk:20180613022158p:plainf:id:Ktbk:20180613022316p:plain 

上記のメタグロスラッキー構築から大きく色を変えた

メインロムで使っていたラッキーの癒しの波動をサブロムではサイドチェンジに変更して、ジャラランガのZやリザードンの行動を稼ぐプランニングだったけど、ジャラランガにZ持たせ忘れたままパーティー登録してしまいました

 

2018/5/19 サークル定例会                                                    

f:id:Ktbk:20180613022122p:plainf:id:Ktbk:20180613021235p:plainf:id:Ktbk:20180613024708p:plainf:id:Ktbk:20180613020826p:plainf:id:Ktbk:20180613025108p:plainf:id:Ktbk:20180613024748p:plain7-3抜け 3位

みんてぃあさんがPJCSで使ったレヒレグロスをそのまま本人から当日DSごと借りた

2018ルール終盤になってやっとガオガエンの強さに気付く 

 

2018/6/9~10 PJCS本戦                                                        

 f:id:Ktbk:20180613023221p:plainf:id:Ktbk:20180613025942p:plainf:id:Ktbk:20180613022140p:plainf:id:Ktbk:20180613022158p:plainf:id:Ktbk:20180613015124p:plainf:id:Ktbk:20180613020826p:plain えるふが使用し全国34位

リザコケジャラで相手崩せるしメガバナで詰めれるしリザバナとしても出す

ヒレグロスとのマッチでの突然のメガバナが強いと考えてました 結構お気に入り!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり